超簡単!WordPressの記事中に広告を差し込む

記事中の任意の場所に広告を掲載

functions.phpに広告用のショートタグを登録しておくと、タグを打った場所に広告を表示させられます。

function ads() {
    if (wp_is_mobile()) {
        return <<< EOM
            // 携帯用レスポンシブ広告コード
EOM;
    } else {
        return <<< EOM
            // パソコン用広告コード
EOM;
    }
}
add_shortcode('ads', 'ads');

記事中に[ads]と書けば、その場所に広告が表示されます。

記事中に自動挿入させる

functions.phpで記事表示フィルタに置換処理を追加します。記事を書く時に広告の事を意識せずに済むので大変便利です。上記のads関数を流用します。

function insert_ads_for_single($the_content) {
    if (is_single()) {
        $tag = '</p>';
        return preg_replace("|$tag|", $tag . ads(), $the_content, 3);
    }
    return $the_content;
}
add_filter('the_content', 'insert_ads_for_single');

段落のあとに広告を追加する処理を3回行います。見出し直後に広告を配置するのはGoogle的に良くないそうです。