iPhoneを売却する前に必要な作業

iPhoneを売却するには単純にデータを消しておくだけではダメで「初期化されたアクティベート済み端末」にしておく必要があります。面倒そうですが、本体のみで簡単にできますのでご紹介しましょう。

1. iPhoneを探すをオフにしてアカウントからログアウト

「iPhoneを探す」によって、端末が盗まれてしまった場合でも他人が勝手に初期化できないようになっていますので、売却前には必ず無効にしておきます。店舗買取では事前に教えてもらえますが、そのままオークションに出品してしまうとまずいです。

2. 必要ならPCでバックアップをとる

3. すべてのコンテンツと設定を消去

設定 → 一般 → リセット → すべてのコンテンツと設定を消去
確認のパスコードを入力すると、工場出荷状態に初期化されます。

パソコンを使って初期化した場合は、iOSは強制的に最新バージョンにアップデートされます。古いiOSのまま売却したい方は端末で初期化しましょう。

4. ネットワークにつないでアクティベート

初期化してもアクティベートだけは済ませておかないと、店舗では買い取ってもらえません。また、オークションでも落札者がすぐに動作確認できるようにアクティベートだけは済ませておく方が親切かと思います。

5. SIMを抜く

6. ネットワーク設定をリセット

設定 → 一般 → リセット → ネットワーク設定をリセット

これでもう安心です。個人情報が入っていない、初期化されたアクティベート済み端末が出来上がりました。お疲れ様でした。